SEED

Social Entrepreneurship Empowerment Development Program (SEED)

「若者の元気を日本の元気に。」

SEEDプログラムでは、事業開発、異文化コミュニケーション、SDGsなど、社会起業に関するプログラムを提供しており、カリキュラムは、オンライン授業とスタディツアーで構成されています。参加学生はプログラムを通じ、社会起業に特化したビジネスプランを提案します。

オンライン講義

SEEDプログラムでは、事業開発、異文化コミュニケーション、SDGsなど、社会起業に関するプログラムを提供しており、カリキュラムは、オンライン授業とスタディツアーで構成されています。参加学生はプログラムを通じ、社会起業に特化したビジネスプランを提案します。

スタディツアー

大使館、国際機関、大学、企業を訪問し、各分野の専門家達と交流する機会を設けています。またビジネスオーナーを現地訪問し、ビジネス提案をするための現地視察を行います。

お問い合わせ

info@gorom.org

ミッションレポート

これまでのSEEDプログラムの詳細と活動は、以下のミッション レポートでご覧いただけます。(英語のみ)

Mission Report SEED 2023

Mission Report SEED 2022

SEED 2023

2023年のテーマ&参加者

2023年 SEED プログラムは、山梨の地域文化と経済の活性化を中心としています。山梨は田舎で海外ではあまり知られていませんが、質の高い高級品や観光地が豊富にあり、SEEDプログラムの拠点として最適です。これに基づいて、2023年 SEED プログラムのテーマは、ワイン、日本酒、ジュエリー、織物にです。

ワイン チーム

白百合醸造

日本酒 チーム

太冠酒造

ジュエリー チーム

To Labo

織物 チーム

光織物

2022年の参加者からの声

Daniela Montoya

ワインチーム|EAFIT University、
コロンビア

このプログラムは、遠く離れた日本とラテンアメリカ諸国との関係を強化することに貢献していて、とても素晴らしく充実した経験でした。

Gabriel Lehwing

食文化チーム|ESPM College、
ブラジル

各生徒が異なる経歴、国籍、働き方を持っているため、オンラインでのミーティングは疲れることもありましたが、一緒にいる間に絆が   生まれました。

Suzuka Mortia

ジュエリーチーム | 上智大学、
日本

もっと早くこのプログラムに加できていたら、ラテン・アメリカにとても興味を持っていたと思います。ラテン・アメリカの学生たちと友達になれたことは、とてもいい経験    でした。

Matías Agudo

酒チーム|AUSTRAL University、
アルゼンチン

ビジネスや組織について国際的な視点を得たいと思っていて、日本でのSEED Programは最もインパクトのある経験の一つだと思います。 

提携大学アドバイザー

Juan Carlos Díaz Vasquez

准教授
EAFIT大学、コロンビア

Alexandre Ratsuo Uehara

教授兼学術コーディネーター|
ESPM大学、ブラジル

Maria Gabriela Espeche Gil

国際関係ディレクター
Austral大学、アルゼンチン

Catalina González Uribe

国際関係ディレクター
Los Andes大学、コロンビア

Lourdes Zilberberg

国際室ディレクター
FAAP大学、ブラジル

Helio Michelini Pellaes Neto

国際関係学教授
FAAP大学、ブラジル

Fausto García

国際経営学修士ディレクター
Austral大学、アルゼンチン

Ricardo Alfonso Peña Silva

准教授
Los Andes大学、コロンビア

活動報告

ギャラリー